2017/02/19

スーパーチャイニーズ

スーパーチャイニーズ
カルチャーブレーン(マイクロアカデミー)/ナムコ
ファミリーコンピュータ

ものすごく難しい固定画面カンフーアクションゲーム。堅実なつくりで、独特なゲーム性が新鮮。

フリップルの前に買ったのだが、ものすごく難しいので、挫折。

今年、以下の説明書ページと、Wikipediaを見て再挑戦。この情報のみで進めていき、最終面のあまりの難しさに再び挫折しそうになったが、なんとか、ついに、ようやくクリアすることができた。

げーむのせつめいしょ(仮)様
www.geocities.jp/frnyanko/setsumei/famicom/superchinese/superchinese.html

Wikipedia 様
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA

チャイニーズランドの王女さまミンミン姫を救出するために、ジャッキー(1P)とリー(2P)を操作して8つの魔館を進んでいく。

説明書には、

多彩な画面に繰り広げられるアクションの数々は、きっと今までに無い興奮を呼ぶことでしょう。行く手に何者が待ちうけているのか、スリル満点の冒険の始まりです。

とあるように、終盤はかなりの緊張感で、心臓に負担がかかる。そのため、クリアは1回のみとなっている。このようなことから、ここでは、完全な攻略ではないが、クリアしたときのメモを紹介。

ステージ紹介には、全32面の、私が作成した、アイテムや宝物の位置を示したステージマップがあるが、間違っていたり、すこしアイテムの場所がずれていたりする可能性も多い。また、まだ私が見つけていないアイテムや宝物がある可能性もたくさんある。


■機数

最初5機から始まる。ボーナスステージやステージに隠されている1UPアイテムを取ると1UP。エキストラボール5個集めても1UPする。1UPの機会は15~16回ぐらいあるが、最大は9機。

面をクリアしたときに、2機または1機であれば、次の面では3機に回復する。これでも、ものすごく厳しい。

■操作

●移動

方向キーの上下左右で移動。ムーンサルトキックまたはミラクルキックはジャンプとなり、弾、敵、岩、穴などを飛び越えることができる。

●パンチ

Aボタン

ホウケンを装備しているときはホウケンで攻撃。

●ムーンサルトキック

移動中(方向キーを押しているときに)Bボタン。

ムーンサルトキックでは掛け声はない。

ジャンプとして気楽に使える。

●ミラクルキック

方向キーを押さずにBボタンを押す。アチョーの掛け声とともにキックとなり、そのあと、方向キーを押して高速移動できる。

このキックが出た後で大きく移動できることがミラクルキックのポイントで、これで穴や敵や弾をよけたりしやすい。

ただし、回数制限がある。ミラクルキックのアイテムを取ると1つにつき5回。ミラクルキックのアイテムは、全部の面ではないものの、けっこう多くの面に1つずつあるので、取っていくと、回数に余裕ができる。

●ホウケンを装備

方向キーを押しているときにA+B

方向キーとAとBの3つのボタンを同時に押そうとすると、下のパワーボールを出すことになる可能性が多い。そのため、方向キーを押しているときにA+Bを押すようにすると、間違ってパワーボールを使ってしまう危険がなくなる。

●パワーボールを出す

方向キーを押さずにA+B

出る場所は決まっていないので、取れないでミスといったことも多い。

■面クリア

一定の数の敵を倒す(主に12体ぐらい)と、ドアが開く。そこでその開いたドアに入ると、1面クリア。

ドアが開くと、敵が早くなり、強くなるため、ドアが開いてもミスする危険も多く気が抜けない。

面によって地形や出てくる敵が異なるため、どの面にも個性がある。そして、ものすごく難しい面も多い。

ちなみにプレイヤーが2人いると、倒す敵の数がとても増える。一方がゲームオーバーになった場合は、倒す敵の数が1人と同じになる。

■部屋の敵

敵はスタート後、画面の端から1体ずつ登場する。最大4体までで、4体になると新たな敵は出てこない。倒すか、撤退するかのどちらかで敵が3体以下になると、新たな敵が出てくる。

これは、ユニゴンやイナヅマーの出現タイミングにも当てはまる。

敵によっては、時間が経つと撤退する敵や、なかなか撤退しない敵がいる。なかなか撤退しない敵がドア付近で固まっていると、ドアが開いてもなかなか入る隙がないこともあり厳しい。

時間が経つと、だんだんとスピードが上がり難しくなる。敵のスピードだけでなくジャッキー(リー)のスピードも上がる。そのときにミスすると、タイミングによってはスピードが元に戻る。

敵は、よく見ていると、けっこう歩いて避けることも可能。敵の動きや、自分の動きを観察すると、なにかコツが見えてくるかもしれない。

ちなみに、面に時間がかかっていると、「ファイアードクロ」という敵が登場する。3回飛び越えると消えるとのこと。

■ループ

部屋の左右の端には、ループしてつながっている床があり、そこから左端から右端、右端から左端に出ることが可能になっている。2つあるときと、4つあるときがある。2つのときはもう一方から出てくるが、4つあるときは、左右同じ高さのループから出てくる。

■岩

部屋には岩が配置されていることが多い。説明書によると、面によっては岩、石、氷というように異なるようだが、内容は同じなのでここではまとめて岩と呼ぶ。

岩をパンチすると、宝物が出たり、クェスチョンボールが出たりする。また、壊れたり、岩を飛ばすこともある。飛ばした岩が敵に当たるとその敵を倒すことができる。まとめて敵を倒すことも多いうえ、敵を倒すことができる。ユニゴン・ドーラゴン・ドラゴンマンには効かず、当たったら消えてしまう。

キックの着地点が岩の場合には岩に跳ね返されてしまう。それでも敵を倒せることもあれば、これが隙となってミスする可能性もある。

■アイテム

アイテムは、面の特定の岩や、特定の部分を攻撃すると出現する。クェスチョンボールはランダムだが、他のアイテムは、面によって場所が決まっている。そのため、面で出てくるアイテムの位置をメモしておくと便利。

出てきたアイテムは、攻撃すると取ることができる。

■ボーナスステージ

カギを取ると、ボーナスステージ・ワープポイントのどちらかの入口が出現する。面によって決まっている。

また、面によっては、特定の岩を攻撃することで、ブレイクタイムか、ハートのボーナスステージになる。

これらのボーナスステージやブレイクタイム、ワープポイント、ハートのボーナスステージに入って出てくると、その面の倒す敵の数が減るという効果もある。通常は12体ぐらいの敵を倒すと出口が開くが、それが7体ぐらいに減る。

これらの隠しステージから出てくると、ホウケンを装備していた場合、ホウケンを装備していない状態に戻る。

●1UPのボーナスステージ

ボーナスステージは1UPのチャンス。1UPのボーナスステージは、緑の平地のボーナスステージと、池があるボーナスステージと、氷で音楽が異なり間隔の広い弾が2列のボーナスステージの3種類。

エキストラボールが出てきて、これを5個取ると、1UPする。ボーナスステージのエキストラボールは通常の面で集めるエキストラボールとは別となっている。

1UPする確率は高いが、出方はいつも同じというわけではないので、なかなか取れないこともある。

弾が飛んでいる列がある。それは、ミラクルキックで飛び越える。ボーナスステージでは、ミラクルキックは数を減らすことなく自由に使える。上下を向いて方向ボタンを押さずにBボタンを押し、そして上下を押して移動すると大きくジャンプができるため安全。ミラクルキックの練習になるようになっている作り。

弾に当たったり、池に落ちると、そこでボーナスステージは終了して元の面に戻るが、機数は減らない。

●ワープポイント

ワープポイントでは、2つの井戸があり、どちらかに入ると、先の面にワープできる。数字がついていて、〇-〇という表記ではなく、全体の何番目の面かの番号になっている。

1-2では2-1(5)、3-1(9)にワープできる。
3-2では4-1(13)、5-1(17)にワープできる。
5-2では6-1(21)、7-1(25)にワープできる。

ワープする場所によっては、手に入る宝物の数が減ることになる。宝物は面の難度を下げる効果があるので、宝物がない分、クリアが難しくなってしまう。

ワープを活用するかどうか、または、ワープをどこでするかどうかはプレイヤーのその時の気分、好み、または戦略による。

ワープしたくないときは、10秒待っているか、横にある池に落ちると、元の面に戻れる。機数は減らない。ワープしないで出てきても、ボーナスステージ同様、その面の敵を倒す数が減るという効果があるので、ワープゾーンの階段に入る意味はある。

●ブレイクタイム

特定の面で特定の岩を壊すと、30秒のブレイクタイムになり、50万点のボーナス。3-3、5-3にあるが、どちらもホウケンが必要な敵がいる面。ボーナスステージから出てくると、ホウケンの装備が解除されるので、この2つの面では、まずホウケンを装備する前に最初にブレイクタイムに入ると効率的。

●ハートのボーナスステージ

2-3では、特定の岩を壊すと、ハートのボーナスステージになることがある。赤ハートは1万点、青ハートは10万点と非常に高得点。しかし、ならないことも多く謎がある。

■クェスチョンボール

岩を攻撃すると、?マークのボールが出ることも多い。出方はランダム。

クェスチョンボールを攻撃すると、ドル袋かXマークになる。ドル袋を6個集めておくことが目標の1つ。

ドル袋を5個集めると、エキストラボールが1つ出現する。

ドル袋を6個あるときに、方向キーを押さずにA+Bを同時に押すとパワーボールを出現させることができる。

しかし、クェスチョンボールを攻撃したときにXマークが出ると、ドル袋が0個になってしまう。ランダムのような気もするものの、通常のように集めているとドル袋が出やすいが、同じ岩からクェスチョンボールを複数出したときに、あとのクェスチョンボールがXマークになることが多い気がする。

ドル袋が6個になったら、クェスチョンボールを出さないように、または、出たら攻撃しないようにしておく。

■ガンボール

Gのマークの玉を取ると、ガンボールが撃てる。そのとき、弾を出す敵が弾を出さなくなる。一気に安全に敵を倒すチャンスだが、ガンボールが効かない敵も多い。

ちなみに、ガンボール中は敵の動きが少しかわり、やや逃げるかんじになる。

ガンボールは、館の4番目の部屋では出てこない。また、エリア7からは出てこない。

■パワーボール

パワーボールを取ると、一定時間音が変わるとともに敵の色が青く変わり、当たっただけで敵を倒せるようになる。効果が消える前には点滅して知らせるので安心。

難しい面までにドル袋を6個にしておき、難しい面でパワーボールを使う。

イナズマーや弾に当たっても大丈夫だが、穴に落ちたり、バブリンに当たるとミスになるので注意。

■エキストラボール

エキストラボールは、通常面では以下の場合に出てきて、5個集めると1UPする。

・ドル袋を5個集めたとき。
・6-1、6-3、7-1にある乗ると100万点が入る浮き島に乗ったとき。複数出てくる。
・ユニゴンを倒したとき。パンチで倒すのは困難だが、パワーボールでも倒せる。

■宝物

奪われた宝は10個。5個集めると、中盤のドラゴンヘッドをキックで倒せるようになり、ドラゴンマンをホウケンで倒せるようになる。ホウケンは、方向キーを押しているときにA+Bで装備。ちなみにに、ドーラゴンをホウケン5回で倒すことができるようになるが危険。

1個目 1-2 マヨケA(取りつかれたハカイダンから離れやすくなるうえ、パンチやムーサルトキックで倒せる)3-1にもある。
2個目 2-1 マキモノA(プリンセスキャッツ・メデューサキャッツをパンチやムーンサルトキックで倒せる)3-1にもある。
3個目 2-1 マヨケB(プリンセスキャッツの石化光線の石化時間が短くなる)3-1にもある。
4個目 3-2 カガミ(イナズマー・光線の方向を向いていると反射できる)5-1にもある。
5個目 3-2 ホウケン(ワイルドキャッツ・ドラゴンマンを倒せるホウケンを装備できる)5-1にもある。
6個目 4-2 マキモノB(ユニゴンの動きが遅くなる)
7個目 4-3 スイショウダマ(ダイブッチャンの弾が減る)6-3にもある。
8個目 5-2 ロウソク(落とし穴が見える)5-4にもある。
9個目 5-3 サケ(ドーラゴンの動きが遅くなる)
10個目 7-4 ジュズ(透明のハカイダンが見える)

また、1-1、1-2、1-3、1-4、2-1、3-1、4-1、6-1、7-1にはパンチアップがあり、それを3個集めておくと、バッファローバイソンをパンチで倒せるようになる。

さらに、多くの面ではミラクルキックがあり、5個ずつ増やすことができる。

■ステージ紹介

8つの魔館にはそれぞれ4つの部屋があり、合計32のパターンがある。



ここでは主にワープを使わないで進んでいく方法を紹介。

■エリア1 ヤリ使いの館

デブゴンが中心の館。ハカイダンを弱めるマヨケAの宝物がある。1UPやパンチアップとミラクルキックを集めていく。

●1-1



敵:カンフーコマンド
アイテム:パンチアップ・1UP・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(A)

最初の敵は「カンフーコマンド」。最初の敵だが、パンチやキックの当たり判定がわかりにくいため、攻撃を受けてミスする可能性も多い。上位種にバッファローバイソンがいる。

正面からではなく軸をずらす感じで近づき、パンチで倒すといいかもしれないが、リズムが狂うとなかなかうまくいかないことが続くため油断できない。

カンフーコマンドを最も楽に倒す方法はガンボールを使うことで、ガンボールの時間で敵を倒す数を増やしておく。

1個目のパンチアップがある。また、ミラクルキックがあり、まず、ここで5個になる。

ちなみに、池は落ちると1ミスなので注意。

●1-2




敵:デブゴン・イソギンチャック・カンフーコマンド
宝物:マヨケA
アイテム::パンチアップ・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ワープポイント 5(2-1),9(3-1)

「イソギンチャック」と「デブゴン」が新たに登場する。

イソギンチャックはパンチでは倒すことができず、キック(ムーンサルトキック、ミラクルキック)で踏みつけて倒す必要がある。主にムーンサルトキックで倒す。

デブゴンは長い槍で攻撃してくる。槍を飛び越える感じでムーンサルトキックで倒すといいかもしれない。斜めからだと、より安全。槍はけっこう長く、岩の向こうにいても岩を通り越して攻撃して当たるので注意。

ここで1個目の宝物【マヨケA】がある。これを取っておかないと、次の面などに出てくるハカイダンをパンチやムーンサルトキックで倒せず、手ごわくなる。

2個目のパンチアップがある。

2-1か3-1にワープするワープポイントがある。ちなみに、このワープポイントを利用しても、宝物をすべて集めることが可能。

●1-3



敵:デブゴン・ハカイダン・カンフーコマンド
アイテム:パンチアップ・1UP・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(A)

「ハカイダン」が初登場する。近づくと取りついてきて動けなくしてしまう。動けないうちに他の敵の攻撃に当たるとミス。ガンボールは何発も当てなければ倒せない。取りつかれないようにムーンサルトキックで倒すが、マヨケAを持っていなければ、パンチやムーンサルトキックが効かない(ミラクルキックは効く)。

1UPは中央の何もないところを攻撃すると出る。しかも、ボーナスステージから出てきたらまた取ることができる。1回ミスした場合に便利。

これとボーナスステージを合わせて、ここまでノーミスで1UPをすべて取ってきた場合9機になる。

さらに、3つ目のパンチアップがある。ここまですべて取っていれば、ここで最大の3つにすることができる。

●1-4



敵:[ユニゴン]・デブゴン・イソギンチャック・ハカイダン
アイテム:パンチアップ・ミラクルキック

「ユニゴン」が初登場。ユニゴンが出ている間は、音楽が変わり、他の敵は出てこない。ユニゴンは上半身にパンチ5発を当てると倒せるらしいが、なかなか安全に攻撃を当てることがかなり困難なので、攻撃せず、ユニゴンが画面からいなくなるのを待ったほうが良い。

ユニゴンは横が同じ位置になると上下に移動するので、左右に動いていると、上下移動をしない可能性が大きく、間合いを確保しやすい。

口から出す火が届くところは危険。

ループを利用する方法がより安全。1-4はループが1組なので少しわかりづらいが、1-4ではまだユニゴンの出現時間が短いので左右に動くだけでもやりすごしやすい。

追い詰められたときは厳しい。説明書によると、ミラクルキックを使って逃げ出せるとのことなので、それに賭けてみる。しかし、焦っていると方向キーを押したままBボタンを押してムーンサルトキックになったりして、なかなかうまくいかないことも多い。

デブゴン、イソギンチャック、ハカイダンすべてムーンサルトキックで倒すことができる。

ちなみに、パンチアップがあるので、1-3まででパンチアップを取り忘れていた場合は取っておく。

■エリア2 ガンマンの館

ガンマンが中心の館。プリンセスキャッツを弱めるマキモノA・マヨケBの宝物がある。イナズマーが登場する2-4は序盤では難しい面。

●2-1



敵:ガンマン・カンフーコマンド
宝物:マキモノA・マヨケB
アイテム:1UP・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(B)

「ガンマン」は弾を撃ってくる。ムーンサルトキックが当たる間合いから、弾を飛び越える感じでムーンサルトキックで攻撃する。

斜めの位置からムーンサルトキックをするとより安全。しかし、複数のガンマンが近くにいるときはより注意が必要。

このように、弾を撃ってくる敵をムーンサルトキックで倒すことに慣れると、カンフーコマンドやバッファローバイソンよりは安全に倒せる気がする感じになる。さらに、ムーンサルトキックで倒す他の敵にも効果的。

宝物が2つもある。【マキモノA】と【マヨケB】。マキモノAを取っておかないと、この先のプリンセスキャッツがパンチやムーンサルトキックで倒せない。また、マヨケBはプリンセスキャッツの石化の硬直時間を短くする。ここで宝物が3個になる。

1UPもある。9機のときは、この岩を残して置き、ミスしたら取って9機に回復させるという使い方ができる。

●2-2



敵:プリンセスキャッツ・ガンマン・イソギンチャック・カンフーコマンド
アイテム:ガンボール・ミラクルキック

「プリンセスキャッツ」が新登場。プリンセスキャッツは石化光線を撃ってくる。石化だけではまだミスにならないが、立て続けに石化光線を撃つため、動けないまま敵の攻撃に当たりミスしやすい状態。ガンマン同様に、ムーンサルトキックが当たる間合いから、弾を飛び越える感じでムーンサルトキックで攻撃する。

マキモノAを持っていないと、パンチやムーンサルトキックで倒せないが、ミラクルキックでは倒せる。

プリンセスキャッツには、ガンボールは、何発も当てなければ倒せない。

●2-3



敵:ガンマン・カンフーコマンド・ハカイダン
アイテム:1UP・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ハートのボーナスステージ

ガンマン・カンフーコマンド・ハカイダンの組み合わせは、なかなかミスしやすい。

ここには高得点のハートのボーナスステージがあるのだが、入れないことが多い。

アイテムの場所がわからないので、岩をかたっぱしからパンチしているときには、よくハートのボーナスステージに入れたのだが、場所をメモして、特定の岩のみをパンチするようになってからはなかなか入れない気がする。

このように悩んでいると、敵の攻撃を受けてミスしたりする。また、ガンボールが端のほうにあり、取りに行くのが難しい。

ここには1UPもあるので、1回ミスしても大丈夫だが、ここに1UPがあることを忘れやすい。

●2-4



敵:[イナズマー]・[ユニゴン]・ガンマン・バッファローバイソン
アイテム:ミラクルキック

「イナズマー」が初登場。敵だが、倒すことはできない。高速で横切る。ムーンサルトキックのジャンプで避けるか、上下移動で避けるか(これは出た瞬間にすでに上下に移動していなければかわせない)、カガミで反射(2-4ではカガミを持っていないので使えない)するかになる。

しかし、早いため、気づくのが少しでも遅れるとかわせないため、手ごわい。イナズマーが出るタイミングを知っておく必要がある。

イナズマーは倒せないものの、敵なので、敵と同じタイミングで出てくる。敵が最大の4体いないときは常に出てくる可能性がある。

そのため、スタートしてすぐはイナヅマーが出やすい状態になっているので、まず、イナズマーをよける準備をしておく。

そして、敵を倒した瞬間も出る可能性があるので、注意しておく。といっても忘れやすい。

また、新たな敵として「バッファローバイソン」が登場。ムーンサルトキックは効かない。パンチ力3のパンチ、ミラクルキックで倒すことができる。主にパンチで倒すことになる。動作はカンフーコマンドと同じ攻撃で、手ごわい。

ガンマンはムーンサルトキックで倒していくので比較的準備しやすいが、バッファローバイソンの場合、パンチで倒した後、イナズマーをジャンプで避けるというかたちになるので、ここでバッファローバイソンがいることはけっこうやっかい。

■エリア3 野牛の館

バッファローバイソンの館。今までの宝物がすべてあるうえ、ホウケン・カガミの宝物がある。3-4は前半の壁。

●3-1



敵:バッファローバイソン
宝物:マキモノA・マヨケA・マヨケB
アイテム:パンチアップ・ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ

バッファローバイソンしかいないため、パンチアップが3つ必要。パンチアップが3つないと、ミラクルキックか、岩をぶつけるか、ガンボールを当てるかになる。

幸いこの面にもパンチアップがあるので、3-1が始まった時にパンチアップが2個でもOK。

また、ここまで出てきたマキモノA・マヨケA・マヨケBの宝物がすべてある。マヨケAは左の端の中央の何もないところを攻撃すると出る。

●3-2



敵:ガンマン・ハカイダン・バッファローバイソン
宝物:ホウケン・カガミ
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ワープポイント 13(4-1), 17(5-1)

【ホウケン】・【カガミ】という2つの宝物が手に入る重要な面。これで宝物の数は5個となり、ドラゴンマン・ドラゴンヘッドを倒すのに必要な数の宝物が手に入ったことになる。

カガミは中央の岩の上の何もないところをパンチする。

ちなみに、ワープポイントで5-1にワープすると、4-2のマキモノBが取れず、スイショウダマも4-3で取れなくなる。スイショウダマは6-3にもあるが取るのが難しい。

4-1へのワープでは、宝物を取り逃さない(ミラクルキックは10個少なくなる)。3-4はけっこう難しいが、そこを避けることが可能。

●3-3



敵:ドラゴンマン・バッファローバイソン・イソギンチャック
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ブレイクタイム

「ドラゴンマン」が初登場。弾を出すうえに、宝物5個以上持ってホウケンで倒す必要がある。ここに来るまでにすべての宝物をそろえていれば、宝物は5個あり、ホウケンも手に入っている。

まず、中央右上の岩をパンチしてブレイクタイムに入る。最初に入ることでホウケンを装備しなおす必要がなくなり、さらに、倒す敵の数も減る。

ブレイクタイムから出てきたら、方向キーを押しているときにA+Bでホウケンを装備し、中央右下のガンボールを取って敵を倒していく。ブレイクタイムによって倒す敵の数が減っているので、比較的すぐにドアが開く。

ドラゴンマンは岩で待ち伏せして攻撃するか、軸をずらして攻撃するかになる。

●3-4



敵:[ユニゴン]・[バブリン]・バッファローバイソン・デブゴン
しかけ:バブリン
アイテム:ミラクルキック

前半最難関。アーケードゲームに例えると、前半に難度の高い面を置いておくかんじになっている。

「バブリン」が初登場。ミラクルキック中、パワーボール中ですら当たるとミスになるスーパーチャイニーズで最もやっかいなしかけ。

また、井戸は穴なので、落ちると1ミス。意外とうっかり落ちやすいので注意。

ユニゴンが頻繁に出て、しかも滞在時間は今までより長い。その間にスピードが上がって難しくなる。その中で、バッファローバイソン・デブゴンを慎重に1体ずつ倒していく必要がある。

まず、ユニゴンは、ループを使うと、やりすごしやすい。

ユニゴンはジャッキー(リー)のいるほうに歩いてくるので、ユニゴンが近づいてきたらループで逆方向に抜けると、今度は方向を変えて近づいてくるので、ある程度近づいたらまた、ループで逆方向に行く、を繰り返す。

難しいが、3-4をスムーズに突破できるようになれば、7-4までは行ける可能性が増える。

ドル袋が6個集まっていれば、ここでパワーボールを出すと効果的。使ったら、7-3まででドル袋を6つ集めるのにまだ余裕がある。

■エリア4 妖猫の館

プリンセスキャッツ・ワイルドキャッツ・メデューサキャッツの館。マキモノBとスイショウダマの宝物がある。

●4-1



敵:ワイルドキャッツ・カンフーコマンド
アイテム:1UP・パンチアップ・ガンボール・ミラクルキック

「ワイルドキャッツ」が初登場。当たってミスすることはないが、弾き飛ばされる。その弾き飛ばされた先に敵や穴があるとミスになる。ホウケンで攻撃する必要がある。そのため、まず、ホウケンを装備しておく。

中央の池の下のところに1UPがある。下から上に向かってパンチすると、先の池に落ちてしまう可能性がある。そのため、横からパンチすると安全。

●4-2



敵:[ユニゴン]・プリンセスキャッツ・イソギンチャックB
宝物:マキモノB
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(C)

飛び跳ねるイソギンチャックが初登場。飛び跳ねるのでムーンサルトキックの狙いが定めにくいうえ、この飛び跳ねるイソギンチャックは光線を撃ってくる。この光線は石化光線ではなく、当たると即1ミスとなる光線で手ごわい。

また、初めて4つ目の部屋以外でユニゴンが登場する。

6個目の宝物【マキモノB】がある。ユニゴンの動きを遅くする。左上のほうにあるが、岩ではなく岩の手前を攻撃する。

●4-3



敵:メデューサキャッツ・ワイルドキャッツ・ハカイダン
宝物:スイショウダマ
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(A)

7つ目の宝物【スイショウダマ】がある。ダイブッチャンの弾の数を減らすことができる。

「メデューサキャッツ」が初登場。弾を出し、地形をすり抜ける。ムーサルトキックなど、キックが倒しやすい。マキモノAがないとパンチやムーンサルトキックが効かない。ミラクルキックは効く。ガンボールは何発も当てなければ倒せない。

ワイルドキャッツがいるのでホウケンを装備しておく。

ガンボールがあるが、出てくる敵はすべてガンボール1発では倒せない敵。何発も当てる必要があり、なかなか倒せない。それでも、弾を撃たない分安全で、ガンボール中でもパンチやムーンサルトキックなどで倒すことも可能。しかし、ガンボール中は敵がやや逃げる動作になるので注意。

●4-4



敵:[ユニゴン]・[イナズマー]・メデューサキャッツ・ワイルドキャッツ・プリンセスキャッツ
しかけ:ダイブッチャン
アイテム:ミラクルキック

弾を出す「ダイブッチャン」のしかけが初登場。

また、イナズマーが出てくるので、敵が4体出そろっていないときは注意しておく。

ユニゴンは左右の動きでやり過ごす。ループはダイブッチャンの弾があるため、危険があり使いづらい。

ワイルドキャッツがいるので、ホウケンを装備しておく。あとはムーンサルトキックで倒していく。

■エリア5 妖怪の館

ハカイダンやイソギンチャックといった妖怪の館。ロウソクとサケの宝物がある。

●5-1



敵:ハカイダンB・イソギンチャックB
宝物:ホウケン・カガミ
アイテム:ガンボール
ボーナスステージ:1UP(B)

光線をだすハカイダンが初登場。この光線も飛び跳ねるイソギンチャック同様、当たると即ミスになる。

この光線を出す敵が2種類。ガンボールを取ってイソギンチャックを倒した後は、ハカイダン・イソギンチャックともにムーンサルトキックで倒していく。

5-1にもホウケンとカガミがある。3-2で取り忘れていた場合に取れる。

●5-2



敵:ドラゴンヘッド・ハカイダン・イソギンチャックB・カンフーコマンド
宝物:ロウソク
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ワープポイント 21(6-1),25(7-1)

8個目の宝物【ロウソク】がある。これがないと落とし穴が見えない。

ドラゴンマンの顔だけの「ドラゴンヘッド」が初登場。宝物を5つ以上持っていればキック(ムーンサルトキックまたはミラクルキック)で倒せる。ドラゴンマンがホウケンなのに対して、ドラゴンヘッドはキックなので混乱しやすい。

ワープを利用すると、5-3でサケが手に入らない。

●5-3



敵:ドラゴンマン・イソギンチャック・カンフーコマンド
宝物:サケ
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
ボーナスステージ:ブレイクタイム

9個目の宝物【サケ】がある。ドーラゴンの動きを遅くする。これがないと、ドーラゴンをよけるのが難しくなる。

まず、中央右上でサケを取ったら、中央左上の岩をパンチしてブレイクタイムに入る。

そのあとはホウケンを装備してガンボールを取り、敵を倒していく。

●5-4



敵:[ドーラゴン]・[ユニゴン]・イソギンチャックB・ハカイダン・カンフーコマンド
宝物:ロウソク

大型敵「ドーラゴン」が初登場。宝物を5つ集めていれば、ホウケン5発で倒せるが、安全に倒すのはかなり難しい。ドーラゴンも避けたほうが無難。左右の動きを中心にやりすごし、危険な時はミラクルキックで回避する。

ドーラゴンを避けながら敵を倒していくので、なかなか難しい。

5-2でロウソクを取り忘れていたら、ここ5-4でも取ることができる。

■エリア6 からくりの館

浮き島や開閉する床といった仕掛けがある館。エリア7ではガンボールが出なくなり、岩をパンチする余裕も少なくなるので、エリア6まででドル袋を6個にしておくと安心感がある。

●6-1



敵:プリンセスキャッツ・バッファローバイソン・デブゴン
しかけ:浮き島・浮上降下(100万点ボーナス)
アイテム:1UP・パンチアップ・ガンボール・ミラクルキック

浮き島がある。乗ると100万点のボーナスで、しかもエキストラボールが何個か出てくる。しかし、6-1の浮き島はこの面のみにあるもので、乗るのが難しい。浮かんでいるタイミングでキックで狭い浮き島に飛び乗ってまた、キックで脱出するが、ミスせずこれを行うのは難しいので、安全に進む場合は避けたほうが無難。

まず、1UPがある。池の上のほうから下に向かってパンチをすると出てくる。浮き島に飛び乗らなくても出せることがポイント。ここでの1UPは貴重になることが多い。

池は大きく、また、スタート地点のすぐ上なので、うっかり落ちてしまうこともあるため注意。

●6-2



敵:[ユニゴン]・[イナズマー]・ワイルドキャッツ・バッファローバイソン
しかけ:開閉する床
アイテム:ミラクルキック
ボーナスステージ:1UP(C)

堅実な難しさを持つ面。

開いたり閉じたりする床というこの面独自のしかけがあるが、その床は穴だと思って、そこに入らなければ安全。

まず、敵が4体出そろうまではイナズマーに警戒しておく。出たイナズマーはカガミの反射も利用できるので試してみるといいかもしれない。

ワイルドキャッツがいるので、ホウケンを装備しておく。あとバッファローバイソンがなかなか手ごわい。うまく隙をついてパンチなどで倒していく。

私が見つけた限りでは最後の1UPボーナスステージで貴重。

ちなみに、この面にはロウソクがないと見えない落とし穴がある。下のほうの開閉する床がそれで、ロウソクがないと、普通の床に見える。

●6-3



敵:メデューサキャッツ・バッファローバイソン・デブゴンA
宝物:スイショウダマ
アイテム:ガンボール・ミラクルキック
しかけ:浮き島・上下(100万点ボーナス)

上下に動く浮き島がある。6-1の浮き島よりは安全に乗りやすい。スタートしてすぐに左の浮き島に乗って上で降りたりする。

右の浮き島の途中でパンチすると、宝物スイショウダマがある。持っていないとき、宝物が4個のときには取っておく。

●6-4



敵:[ドーラゴン]・[ユニゴン]・メデューサキャッツ・バッファローバイソン
しかけ:バブリン
アイテム:ミラクルキック

バブリンが出ているなかでドーラゴンを避けつつ、メデューサキャッツとバッファローバイソンを倒していく、難しい面。

慎重に、チャンスをうかがいつつ1体1体確実に敵を倒していく。

■エリア7 竜の館

ドラゴンマン・ドラゴンヘッド・ドーラゴンの館。1つ目から3つ目の部屋でもガンボールが出なくなり、かなり手ごわい難所。特に7-4はいままでとは大きく異なる。その7-4に最後の宝物ジュズがある。

●7-1



敵:ドラゴンマン・ドラゴンヘッド
アイテム:パワーボール・パンチアップ・ミラクルキック
しかけ:浮き島・上下(100万点ボーナス)

上下に動く浮き島だが、6-3より小さいため難しい。しかし、スタートしてすぐこれに乗って中央の足場に行き、そこでパンチしてパワーボールを出して取り、キックでそこから脱出すると、敵を多く倒すことが可能。しかし、敵の動きによってはうまくいかないこともある。

ドラゴンマンがいるのでホウケンを装備しておく。

ドラゴンマンとドラゴンヘッドの組み合わせはけっこう手ごわい。うまくパワーボールが取れなかったときは難所になりやすい。ドアが開いた後も油断できない。

●7-2



敵:プリンセスキャッツ・ドラゴンマン・ドラゴンヘッド
しかけ:動く岩

動く岩のしかけがある。当たると1ミスでやっかい。そのため、安全に戦える場所が狭い。スタート地点か、そこからミラクルキックで上に行ってドア近くかのどちらかになる。

ドラゴンマンがいるのでホウケンを装備しておく。

プリンセスキャッツ・ドラゴンマン・ドラゴンヘッドという組み合わせも手ごわい難所。

●7-3



敵:ワイルドキャッツ・ドラゴンマン・イソギンチャックB
アイテム:ミラクルキック

ワイルドキャッツ・ドラゴンマンがいるのでホウケンを装備しておく。

なかなか敵を安全に倒す隙がなくなることも多く、難しい面。

ちなみに、この先に岩があるのは最終面のみ。まだドル袋が6個集まっていないときは、ここが6個にしやすい最後のチャンスとなる。

●7-4



敵:ドラゴンマン・[ドラゴンヘッドB]・[ドーラゴン]・[イナズマー]・[ユニゴン]
しかけ:ダイブッチャン
宝物:ジュズ

大きな壁になる面。

ここでは、キックでも倒せないドラゴンヘッドが初登場する。ここで通常の方法で倒せる敵はドラゴンマンのみ。ドラゴンヘッドとドーラゴンを避けながら、ドラゴンマンが出たら倒していく。ドラゴンヘッドとドーラゴンしかいないことも多いがじっと耐えて避け続ける。左右の動きや、間を縫う動きでけっこう避けることができるが、追い詰められたときはミラクルキックを使う。ダイブッチャンの弾にも注意。

ドラゴンヘッドは軸をずらす感じで近づいてホウケンで攻撃する。

12体ぐらい倒したらドアが開くので、数えながら進めていくといいかもしれない。

いままでと違うゲームをしているつもりで、敵を左右に動いて避けながら、1体1体あせらずに倒していく。難しいが、けっこう特徴的で、このゲームのおもしろいところになっている。

まず、ホウケンを装備する。スタートしてすぐはユニゴンが出てくる可能性が多い。ユニゴンは左右の動きでなんとかやりすごす。ダイブッチャンの弾があるのでそこまで大きく左右に動けないのも難しいところだが、ギリギリやりすごせる。

最初のユニゴンがいなくなったところで、10個目の宝物【ジュズ】を取る。ドアのやや右下ぐらいのところの空間を攻撃すると出てくる。これがないと、8-1の透明のハカイダンが見えず、とても難しくなる。

地味にイナズマーも出てくるので、敵が4体いないとき、ドラゴンマンを倒した直後は注意しておく。

1回クリアできると、意外と次もクリアしやすかったりする。穴やバブリンがないのが救い。最終面はこれよりはるかに難しい。

■エリア8 最後の館

最後の館は敵の攻撃も厳しい。特に最終面はものすごく難しい。

●8-1



敵:プリンセスキャッツ・バッファローバイソン・ガンマン・ハカイダンC

透明のハカイダンがいる面。7-4でジュズを手に入れていないと、一瞬だけハカイダンの姿が見えたあとは見えず、何もないところでミスするという状況になり、ものすごく厳しい。

ジュズがあれば、そのハカイダンが普通通り見える。

プリンセスキャッツ・ガンマン・ハカイダンをムーンサルトキックで倒していくと比較的安全かもしれない。しかし、バッファローバイソンの数が多い場合や倒しやすそうなときは、バッファローバイソンの隙をついて倒しておく。

最後の館としては楽にクリアできるときは楽だが、敵の出方やリズムが狂うと、連続でミスしやすい油断できない面。

●8-2



敵:[イナズマー]・[ユニゴン]・メデューサキャッツ・プリンセスキャッツ・ハカイダンB
しかけ:バブリン

かなり難しい面。メデューサキャッツ・プリンセスキャッツ・ハカイダンをムーンサルトキックやミラクルキックで倒していくが、出てくるすべての敵が光線や弾を撃つ。複数相手では危険が増えるため厳しい。

このハカイダンは透明のハカイダンではなく、5-1から登場する光線を出すハカイダンで、ジュズがなくても見える。

上下が穴で分離されている。広いが、ミラクルキックで飛び越えて移動できる。

イナズマーが出てくるので、4体そろっていないときは注意。

ユニゴンが出たら、ユニゴンが出た位置に合わせてミラクルキックで移動する。あとは左右の移動でやりすごす。

中央の端はバブリンがいるため、渡れない。これはミラクルキックを使っても中央から渡れないので、ドアが開いたときに焦ってうっかり中央でミラクルキックで渡ろうとするとミスになる。

●8-3



敵:[ドーラゴン]・ワイルドキャッツ・ドラゴンマン・デブゴンB・イソギンチャックB

とても難しい面。弾を撃つデブゴンが登場。しかも弾の量が多い。さらに、ドラゴンマンもそれに合わせて、弾の量が多い気もして手ごわい。

まず、ワイルドキャッツ・ドラゴンマンのためにホウケンを装備しておく。

ドラゴンマン、デブゴンともに、敵の集まり方によってはなかなか隙がない場合があり厳しい。

●8-4



敵:ドラゴンマン・[ドーラゴン]・[イナズマー]・[ドラゴンヘッドB]・[ユニゴン]
しかけ:バブリン

ついに最終面で、今までのすべての面を超えた、ものすごく難しい面。

7-4のように基本的にドラゴンマンしか倒せないうえに、バブリンが4体もいる。そしてドラゴンマンは8-3と同じく7-4より手ごわい気がするなど、あらゆる難しい要素がある。

7-4とは違い、岩があるので、それでドラゴンヘッドを倒せる可能性はあるが、敵の攻撃は激しく隙は少ない。

まず、スタートしてすぐはユニゴンやイナズマーが出る可能性がある。

中央の少し左には宝物がある。何が入っているかは確認できていないが、ここまでで手に入っている宝物。しかし、ここを出さないでいると、ここで、ドラゴンマンへの攻撃のチャンスが、ドラゴンマンに攻撃が当たらず、宝物を出す、取るほうが優先されるので、それを考えた敵のちょっとした防御壁となっている。

イナズマーは、バブリンがいる関係で、カガミを使ってイナズマーがやってくる方向を向いて反射させたほうが安全かもしれない。

スタートしたら中央を上にいくと、ユニゴンが出てくる可能性が高い。すぐのユニゴンを左右のループを使ってやり過ごす。そのあいだにホウケンを装備しておく。

ユニゴンがいなくなったら方向ボタンを押さずにA+Bでパワーボールを出す。出ても出方がランダムなのでミスせず取れないことや取れないこともあるのが厳しい。

パワーボールを取ったら左右の端で敵を倒していく。その後中央上で気合を入れてドラゴンマンを倒していく。戦える場所は少なく、どこがベストかはそのときによるかもしれない。私は、ゲームオーバーになるときは、出てきたドラゴンマンをやみくもに狙って、まわりにいたドラゴンヘッドに当たったりドラゴンマンの弾に当たったりしてミスすることが多いので、そのときのまわりの敵の状況をよく見て、安全そうな時と場所でドラゴンマンを攻撃したほうがいいかもしれない。

ドラゴンヘッドやドーラゴンに囲まれたらミラクルキックで避ける。

イナズマーが出てくるので、ユニゴンがいなくなったあとや、敵を1体倒したらイナズマーが出る可能性があるので注意しておく。なんとなく他の面と異なり、倒す数が12体より多い気がする。なんとかドアが開いたら気合で入るとついにクリア。

初めてクリアしたときは、運よくこの方法でクリアすることができたが、なかなか多くの場合は難しい。

クリアしたときは、初めて6機あり、しかも、8-4では一回もミスしていない。というようにそのときは実力を超えて集中していたということになる。立て続けにミスしやすいので、5機あっても3機あってもあまり変わらない気がする。逆に言うと、必ず3機以上あるので、ここまで来れれば、クリアの可能性がある。

感動のエンディングのあとは2周目の9-1が始まる。1UPやボーナスステージも同じくある。また、集めた宝物、パンチアップ、ミラクルキックはそのままの数で残っていて、ワープを使って進んでいくこともしやすい。そのため、初めてクリアしたとき、最短ループで進んでいき、意外にもそれで再び上の方法で8-4(16-4)もクリアしてエンディングに。さらに3周目が始まる。満足していたので、7-1(23-1)でゲームオーバー。点数は6769100点。

ついにクリアして、とてもうれしい😄