2014/12/01

フリップル(ファミコン版) (その3)

フリップル
タイトー
ファミリーコンピュータ

フリップル(ファミコン版)(その1)
フリップル(ファミコン版)(その2)

ついに、ついに、フリップル50面をクリアすることができた★

購入したのが2009年の12月なので、およそ5年かかったことに・・・。


ちなみに、購入したものには説明書はなかったが、説明書は以下にあった。すごくありがとう~★★

http://web.archive.org/web/20040604070736/http://ww3.tiki.ne.jp/~nagayasu/html/fcmanual/flipull.html

今まで知らなかった情報として、ステージにスペシャルブロックが置いてある条件が書かれていた。

これによると、スペシャルブロックを使わないで、通常のブロックでブロックを5連以上消すと、次のステージにスペシャルブロックがまじっている。また、5連でなくても、3連や4連で何回か消すと、次のステージにスペシャルブロックがまざっているときがあるとのこと。

5個以上同時に消すと確実だが、3個や4個同時消しでも出る可能性が出てくることになる。

そのため、最初に5個(または3個、4個)同じ種類のブロックが並んでいるときは、スペシャルブロックで直接その5個を消さないで、別のところのその種類のブロックがあればそこに当ててそのブロックにしてから5個消したほうがいいかもしれない。多数消したあと、その先のブロックですぐに手詰まりにならないことも確認する必要がある。

3個、4個、5個消しをしたことによって手詰まりになりやすくなることは、けっこうよくあることなので判断が難しいが、とりあえず、スペシャルブロックが獲得できるチャンスが増えるので、機会があれば3個、4個、5個以上消しを狙ってみるといいかもしれない。

といってもスペシャルブロックを出す、取るのはそれでも難しく、なかなかうまくいかないことも多いが、この情報によって少し目安が立てやすくなった感じがする。

そのため、その情報を見たあとの再開後、比較的早く、通算3度目の50面に到達。しかし、今まで同様残りクレジット(コンティニュー可能回数)はなく、今回はスペシャルブロックを1つ残していたにもかかわらず、2ミスでクリアできなかった・・。(ゲームオーバーは20面→25面→32面→50面。ちなみにフリップルは3回だけコンティニュー可能)

そして、その次の日、今度は、2面、3面で1ミスするなど序盤は不調だったものの、その後運よくパーフェクト3回や、スペシャルブロックを何回か取るなどスペシャルブロックが7~8個となり、また、普段は7~9個スペシャルブロックがあったとたんに、すぐにみるみる減っていくことが多いところをなんとか減少がゆるやかに進み、初めてコンティニューなしで32面(297660点)まで行くという今までで最高のスタート。しかし、最初に好調だとその後伸び悩むことがとても多いゲーム(たとえば、20面→22面→23面→24面のように)なので、厳しい(逆に9面→15面→22面→25面というときもある)。

ちなみに、32面でコンティニューすると、33面以降1面相当に戻るので進みやすくなるというチャンスになる。

そして2回目のコンティニューが45面というのも最高の記録で、かなりの緊張感に(2回目は111540点)。

しかし、3回目のコンティニューは49面(46660点)でこれでクレジットを使い切る。そのうえ、このときの49面がかなり難しく、コンティニュー後、49面で厳しい3ミスで、いつもどおり、もうクレジットもなく、スペシャルブロックのストックがない状態で50面に。

コンティニューした後同じ面でまたゲームオーバーということもとても多いゲーム(2連、3連することもある。たとえば、18面→22面→22面→22面や、20面→20面→20面→21面のように)なので、セーフだったようにも思える。

しかし、点数も2万点の1UPには遠く、50面をミスできない。50面は18面と同じ構成なのでとても難しく18面をノーミスできる確率は少ない。またも50面でゲームオーバーかとあきらめかけたが、ここで運よくノーミスジャストクリア★

50面をクリアするとエンディングが見れる。その後51面が始まる。そこでゲームオーバー(14980点)。

クリアまでの間、他のいろんなゲームをするなど、とても長くかかったが、なんとかクリアできて、とてもうれしい★